肌断食は効果なし?それともアリ?失敗しない肌断食のやり方で美肌になる!

肌断食をしている女性

肌断食ってご存知ですか?

肌断食は、有名人や美容に詳しい方なども実践していて、今注目されている、お肌のお手入れ方法。

「成功すれば、うるおいがあってツヤツヤのお肌が手に入る!」といわれています。

でも、実際のところ、どうなのでしょうか?

そこで、今回は、肌断食についてまとめてみました。

肌断食ってどんなもの?

メイク用品や化粧品

断食とは、食事を摂ることをやめて、胃や腸を休ませること。つまり、「デトックス」を行うことです。

これに対して、肌断食とは、毎日の洗顔やメイクなどの肌ケアを、いっさい止めること

その名のとおり、「お肌のダイエット」ともいわれているんですね。

肌断食の効果は?

人間はもともと、自分で肌を再生して綺麗にする力や、トラブルに対処する力を持っています。

みなさん子供の頃には、化粧水や乳液などをつけなくても、プルプルの肌を持っていましたよね。

しかし、年齢が上がるにつれて、スキンケアをしなければ、乾燥したり、肌のトラブルが起こってしまう方も、多くなっているでしょう。

肌断食の目的は、毎日のメイクだけでなく、化粧水、乳液などのスキンケアをいっさい止めて、肌の持つ本来の力を取り戻すこと。

肌断食が成功すると、肌の水分量をアップさせることができ、油分と水分のバランスが理想的になります。

もちもちの赤ちゃん肌も、きっと取り戻せますよ。

赤ちゃんのもちもちのお肌

また、お肌のターンオーバーの乱れも、きちんと整えることができるため、毛穴が目立たなくなる効果もあります。

しかし、肌断食の効果は、すぐにあらわれるものではありません。

たとえば、スキンケアを止めると、「好転反応」と呼ばれる肌荒れが起こることがあります。

その後、少しずつ肌の機能が回復していき、「安定期」という、肌トラブルが起こりにくい状態に入るのです。

肌断食の方法とポイント

美肌になりたいので紫外線を避ける女性

肌断食のやり方は、いろいろな方法があります。

肌断食の方法としては、宇津木式肌断食という方法が有名です。

これは、宇津木龍一さんというお医者さんが提案した方法で、メイクだけではなく、スキンケアをいっさいやめるという方法です。

しかし、仕事をしている女性は、メイクが欠かせないこともありますよね。

そういった場合には、休みの日だけ、または夜だけ、肌断食を行うだけでも、効果はあるようですよ。

まずは、それぞれの方法について、ポイントをご紹介していきたいと思います。

一般的な肌断食の方法

基礎化粧品一式

さきほどご紹介した「宇津木式肌断食」は、もっとも一般的な肌断食の方法です。

この肌断食は、内容も本格的なので、初期の肌荒れも激しくなるケースがあります。

そのため、宇津木式では、肌断食の前に、少しずつ、肌に悪いものを減らしていきます。

はじめは、洗顔での洗い過ぎ、こすり過ぎをやめて、クレンジング、クリーム、乳液、美容液、化粧水などの順番で、肌に付ける化粧品類を減らします。

最後には、水洗顔のみで過ごします。

ポイントとして、どうしても汚れが気になる場合、純石けんを使って洗顔をしたり、乾燥防止にワセリンを使用したりしてもかまいません。

適度に利用して、お肌を保護しましょう。

週末など休みの日だけの肌断食の方法

休みの日だけの肌断食は、プチ肌断食ともいわれる、3日間だけ行う肌断食の方法。

週末の金曜日の朝から、月曜日の朝まで行う方が多いようです。

この期間中は、日焼け止めやメイクも禁止。確実に、自宅で過ごせるという日をねらって、実践してみましょう。

金曜日の夜には、メイクを落として、純石けんで洗顔をします。

その後スキンケアはせず、土曜日、日曜の朝は、ぬるま湯などで水洗顔をして、夜のみ純石けんで洗顔をします。

月曜日の朝には、普段通りスキンケアやメイクをしてもOKですよ。

夜だけの肌断食の方法

水だけで洗顔する方法

夜だけの肌断食は、もっとも簡単な肌断食の方法です。

夜だけ肌断食では、夜に洗顔料だけで済ませて、乳液や化粧水は付けません。

この方法は、毎日続けられますので、メイクが欠かせないという方にはおすすめです。

ポイントとしては、昼間のメイクで、できれば、洗顔料だけで落ちるメイク用品を使うこと。

こうすれば、夜のスキンケアでクレンジングをせずにケアできるため、より効果的ですよ。

肌断食中の洗顔方法・クレンジング・化粧水は?

無添加せっけん

肌断食中は、基本的には、肌になにも付けないため、洗顔方法がかなり重要。

クレンジングの代わりに、「純石けん」といわれる、自然原料で作られた石けんを使用することがポイントです。

「純石けん」には、化学的な成分が入っていないため、「無添加石けん」とも呼ばれます。

この純石けんは、ドラッグストアなどで、100円台から売られていますので、気軽に購入できます。

しかし、メイクが完全に落ちない可能性がありますので、ふだんは、石けんのみで落ちるメイク用品を利用することをおすすめします。

洗顔後には、基本的に、化粧水は付けません。

多少、肌がつっぱる感じはありますが、そのまま寝てしまうのも1つの方法です。

どうしても乾燥が気になるようであれば、少しだけワセリンを使用して、肌の保護をしてみてください。

肌断食とニキビの関係って?

ニキビを隠す女性

肌断食は、ニキビにも効果的だといわれています。

でも、なかには、

  • 「ニキビに悩んで肌断食をしたら、さらに角栓がつまって肌がざらざらになった!」
  • 「ニキビが、よけいひどくなった!」

という方もいます。

せっかく、肌断食をしているのに、ニキビが悪化するのは、どうしてでしょうか?

そこには、2つの理由があるようです。

ニキビを刺激してしまっている

顔を手で触るクセがある女性

ニキビがある方は、何気なく、手で顔をさわってしまうクセがある方が多いみたいです。

この「手で顔をさわる」という行為は、肌表面の角質を落としてしまい、肌にダメージを与えている可能性があるんです。

まずは、顔を触るクセをなおしましょう。

また、ニキビを隠すために、マスクをしている方も多いようですが、このマスクも、ニキビ悪化に繋がってしまいますので、要注意ですよ。

好転反応によるニキビ

肌断食を始めると、好転反応が起こります。

好転反応とは、肌の機能が回復しない時に起こる反応のこと。

好転反応が起きると、角栓やニキビが、今までよりも多く現れてしまう原因になります。

好転反応のニキビの場合には、肌はだんだんと回復していくので、経過を見ると、よくなっていくはず。

ただし、まれに、肌からのSOSサインとして、ニキビなどの肌荒れが、よけい激しくなってしまうケースがあります。

この場合、自分で判断がつかないこともありますので、皮膚科などの専門医を受診した方がよいかも知れません。

肌断食はどうしてニキビに効果があるの?

化粧品の成分表示を確認する女子

ニキビができる原因として、洗い過ぎ、付け過ぎ、こすり過ぎということが挙げられます。

肌のケアをしているつもりでも、これらのことを過剰に行ってしまうと、逆効果。

角質が剥がれてしまい、炎症を起こしやすい状態になるので、ニキビができてしまうのです。

また、大人ニキビは、化粧品に含まれる合成界面活性剤が、悪化の原因になる場合も。

肌断食は、これらを排除するので、理にかなったニキビ対策といえるでしょう。

心配なようであれば、夜だけ、週末だけなど、様子を見ながら、自分に合った肌断食の方法を試してみるようにしてください。

肌断食で失敗する原因とは?

肌荒れがひどくなった女性

肌断食をしたのに、逆に肌荒れがひどくなって大失敗……!

という方もいるようです。

肌断食で失敗してしまう原因は、何なのでしょうか?

体質によるもの

肌断食の目的は、肌の機能を取り戻して、美肌にすること。

でも、元々持っている体質は、残念ながら変えられません。

メイクを落とし忘れても、肌荒れしない方もいれば、どんなにスキンケアをきっちりしても、ニキビができてしまう方もいます。

生まれつき肌が弱い方の場合には、弱い肌の特性を理解したうえで、肌に合ったケアをしてあげることがポイントになります。

たとえば、アトピー性皮膚炎の方は、セラミドという成分を、正常に生成できないといわれています。

でも、肌断食をしたからといって、セラミドを生成できるようにはなりません。

セラミドを作る栄養素を、食事で摂ったり、保湿液で補ったりする、というサポートが必要になるでしょう。

生活習慣の乱れ

睡眠中の女性

肌断食を行っても、規則正しい生活、バランスの取れた食事、適度な睡眠が取れていない方は、やはり肌荒れを起こしやすくなります。

とくに、睡眠は重要。

お肌のゴールデンタイムといわれる22時~2時の間には、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

お肌のゴールデンタイムに睡眠をとると、肌のターンオーバーが正常に機能するようになり、肌断食の効果もアップします。

紫外線の浴び過ぎ

肌断食は、メイクをしないため、UVケアもできません。

そのため、紫外線を直接浴びてしまうと、乾燥や、肌のたるみなどを引き起こしてしまう原因に。

日焼け止めは、肌に負担になってしまいますが、逆に、何も付けないというのも問題です。

肌断食をしている期間中、日中に外出する場合には、紫外線ケアを忘れないようにすることも大切ですよ。

肌断食の効果が出る前にやめている

ファンデーション

肌は、少しの期間休ませたところで、すぐさま改善するわけではありません。

途中で肌断食をやめてしまうと、ただ単に、お肌のケアをしなかった、ということになってしまいます。

好転反応が出ている時期には、肌荒れが前よりひどくなった気がして、「肌断食をしたからこうなった!」と、辞めてしまいたくなります。

その気持ちも分かりますが、もう少し頑張って、続けてみるようにしましょう。

肌断食は、ある程度の期間が必要ということを、忘れないようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする