赤ら顔は化粧水で改善できる?顔の赤みの原因・対策方法とおすすめ化粧水

赤ら顔に悩む女性

あなたは、「赤ら顔」に悩んでいませんか?

赤ら顔とは、顔に赤みがでてしまうこと。

自分の意志と関係なく、顔が赤らんでしまうので、コンプレックスに感じている方も多いんです。

また、赤ら顔になると、かゆみが出ることも多いため、それも悩みの種に……。

でも、ひとことで「赤ら顔」といっても、その原因はさまざま。

そこで、まずは、赤ら顔の種類や原因を知って、症状に合わせた対策方法をまとめてみました。

最近は、「赤ら顔」や「顔の赤み」に効果的な化粧水もありますので、そちらもあわせてご紹介していきますね!

目次

赤ら顔になる2つの原因!

顔に赤みが出ている女性

赤ら顔は、おもに、つぎの2つの原因によって、起こりやすくなるといわれています。

原因1:血管の拡張

赤ら顔の原因のひとつは、毛細血管が広がってしまうこと。

ちょっとした刺激でも、血管が炎症を起こし、毛細血管が開いてしまうので、赤みが目立ってしまうんですね。

皮膚の真皮といわれる部分には、毛細血管が密集しています。

毛細血管は、通常では皮膚表面からは見えにくいものですが、皮膚の表皮が薄い方は、透けて見えてしまっています。

そのため、顔が赤みを帯びて見えてしまうことになるのです。

とくに、頬や鼻などの皮膚は、顔の中でも皮膚が薄いため、赤くなりやすいといわれています。

また、毛細血管には、外気温によって拡張・伸縮し、肌の温度を一定に保つという役割があります。

冬などの寒い時期には、室内と室外の温度の差が大きいため、毛細血管が、ひんぱんに拡張・伸縮することに……。

すると、毛細血管の収縮力が、だんだん低下してしまうので、毛細血管が拡張したままの状態になります。

これが、赤ら顔の原因になってしまうんですね。

原因2:ニキビや皮膚の炎症

皮膚の炎症

皮膚がダメージを受けてしまうと、赤ら顔の原因になります。

皮膚のダメージとして代表的なのが、ニキビや皮脂による炎症です。

ニキビによる炎症

ニキビができてしまうと、ニキビの周辺の皮膚が赤くなってしまいます。

ニキビの炎症は、一時的に、血管を拡張させますが、通常は、ニキビが沈静化すれば炎症も治まり、やがて、赤みが消えていきます。

でも、ニキビが慢性化して、次々にできてしまったり、ニキビ跡が常に残っている状態だと、肌にとってはたいへんなことに……。

真皮に色素沈着が起こって、顔に赤みが発生してしまいます。

また、肌質によっては、いったんニキビが改善したとしても、一度赤ら顔になってしまうと、しばらく長期的に治らない、というケースもあるようです。

皮脂による炎症

皮脂が過剰分泌すると、肌の上に、余分な皮脂が溜まるので、肌が酸化しやすい状況になります。

すると、酸化した皮脂と、皮膚にいる常在菌が混ざり合って反応し、炎症が起きてニキビになったり、赤みを起こしてしまうのです。

顔の部位でいうと、おもに鼻の脇やおでこなど、皮脂の分泌が多い「Tゾーン」と呼ばれる部分が、要注意。

このTゾーンに、とくに赤みが起きやすいといわれています。

また、皮脂の過剰分泌は、「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」という症状を引き起こします。

この脂漏性皮膚炎も、ニキビを発生させてしまう原因になります。

赤ら顔用化粧水の選び方のポイント

赤ら顔に効果のある化粧水

赤ら顔改善のためのスキンケア化粧水は、今はいろいろ販売されています。

しかし、気をつけなければならないのは、赤ら顔の方はもともと敏感肌など刺激に弱い肌質の方が多いということ。

肌に合わない化粧水を使用してしまうと逆に肌荒れなどのトラブルを起こしてしまい、赤ら顔が悪化してしまう可能性があるんです。

そこで、赤ら顔に効果がある化粧水を選ぶポイントについて、チェックしていきましょう。

拡張した毛細血管まで浸透する化粧水をえらぶ

赤ら顔の原因である毛細血管の拡張は、普通の化粧水を使用しても改善できない場合があります。

そのため、しっかりと毛細血管に潤いを与えて、毛細血管を強化できるタイプの化粧水を選ぶことが肝心です。

成分でいうと、セラミドという皮膚のバリア機能を高めてくれる成分が入った化粧水を選ぶと良いようです。

肌の内部から乾燥を食い止めて、健康な肌質に変えてくれる効果があります。

敏感肌でも使える無添加の化粧水をえらぶ

赤ら顔の方は、体質的に皮膚が弱く敏感肌という方が多いようです。

敏感肌の方でも使える無添加の化粧水を選ぶことが肝心です。

市販されている化粧水の中には「肌に優しい」と謳っていても、保存料や着色料などが含まれている化粧水もあります。

赤ら顔を解消したい場合には、成分にこだわって選びましょう。

赤ら顔におすすめの化粧水

ここでは、赤ら顔におすすめの化粧水をご紹介します。

おすすめ第1位「白漢 しろ彩」

「白漢 しろ彩」は、赤ら顔の解消に特化した和漢化粧水。

赤ら顔の原因の1つである毛細血管に直接アプローチして潤いを届け、毛細血管を強くしてくれる働きがあります。

では、「白漢 しろ彩」の成分などを、くわしく見ていきましょう。

顔の赤みを改善する成分とは?

白漢 しろ彩には、ショウガ根茎エキス、甘草、茯苓、川芎という4つの和漢植物エキスが含まれています。

これらの成分が、肌を刺激から守って、保湿や肌荒れ改善のサポートをしてくれます。

さらに、高浸透型ビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが、美白効果と肌バリア機能の効果を高めてくれるんです。

皮膚臨床薬理研所で、顔の赤みで悩んでいる複数の方をモニターとして実際にしろ彩を使ってもらい、赤みが減るかどうかを実験した結果があります。

その結果、しろ彩を28日間使ってみた人の86%の方に、赤みの軽減が見られました。

また、その赤みが減った人は、赤みの程度が、46%も減少したそうです。

無添加でパラベンフリー

白漢 しろ彩は、敏感肌の方も安心して使用できる、無添加の化粧水です。

アルコールをはじめ、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油は一切使用していません。

だから、肌が弱くて、化粧水を使用するといつもヒリヒリするという方でも、安心して使うことができます。

しろ彩は、東邦大学医学部皮膚科において、アトピー性皮膚炎等の方を対象に臨床実験をおこないました。

その結果、93%の方が「刺激がない」と答えています。

オトクな買い方は?

白漢 しろ彩のお値段は、通常価格¥5,600ですが、しろ彩公式サイトの定期コースだと、20%OFFの4480円です。

もちろん、送料無料です。

さらに、この定期コースで購入すると、30日間の返金保証が付いています。

今までどんな化粧水を使用しても、赤ら顔が解消されなかったという方には、いちど「白漢 しろ彩」を使ってみてくださいね。

返金保証がある 白漢しろ彩 公式サイト

↓ ↓ ↓

http://b-shiki.jp/

白漢しろ彩の詳しい紹介ページはこちら

おすすめ第2位「ULU(ウルウ)」

浸透保湿にとことんこだわって開発された「ULU(ウルウ)」は、乾燥肌や敏感肌の方のためのスキンケアブランド。

ここでは、ウルウの特徴や、おすすめポイントをご紹介しましょう。

完全無添加

ウルウの特徴は、界面活性剤や乳化剤、防腐剤、感触改良剤、香料など、お肌に良くない成分が、一切使用されてないこと。

完全無添加で作られているので、どなたでも安心して使うことができます。

二つ目に、肌実感にこだわっていることです。

付け心地の良さよりも、つけた後に肌がどう変わったのか、その肌実感にこだわっています。

たとえば、人気のシェイクモイストミルクは、圧倒的な浸透力で角質層の奥まで潤うのが肌実感としてわかることでしょう。

オトクな買い方は?

ところで、ウルウの化粧品を最安値で購入しようとアマゾンや楽天で探しても、売っていません。

ウルウの化粧品が欲しい場合は、公式サイトから直接購入するしかありません。

ウルウも公式サイトの定期コースでは、通常価格の20%OFFの3600円で購入することができます。

しかも、送料も無料なのでお得。

そのうえ、定期コースは、いつでもキャンセルが可能なので安心です。

ULU(ウルウ )公式サイト

↓ ↓ ↓

http://www.dryskin-lab.co.jp/

赤ら顔になりやすいタイプ

冬に顔が赤くなる女子

赤ら顔の原因は、おもに、血管や皮膚の影響によるもの。

でも、体質によっても、赤ら顔になりやすいタイプの方がいるようです。

まずは、あなたが赤ら顔になりやすい体質かどうか、チェックしてみましょう。

<チェック項目>

  • 緊張やストレスを感じると顔が熱くなる
  • アルコールを摂取すると顔が赤くなる
  • 皮膚が薄い
  • 肌トラブルが起こりやすい

緊張やストレスを感じると顔が熱くなる

このタイプの方は、「赤面症」ともいわれる赤ら顔のタイプの方です。

多くの方の前でスピーチをしたり、注目されたりすると、無意識に、顔がカッと赤くなってしまうということはありませんか?

この赤面症は、体質と関係があることが多く、精神的な部分で顔が赤くなってしまうことが多いのです。

ですから、できるだけ、緊張をしにくい精神状態を保つということが大切でしょう。

赤面症は、放っておくと対人恐怖症などの症状を引き起こしてしまう可能性も。

気になる方は一度、専門機関を受診されることをおすすめします。

アルコールを摂取すると顔が赤くなる

アルコールを飲むと、顔が赤くなる人と、赤くならない人に分かれるでしょう。

これは、アルコールによって、アセトアルデヒドが作用して、顔の毛細血管が拡張し、赤ら顔が発生してしまうから。

アセトアルデヒドは二日酔いの原因にもなるといわれていますが、アルコールに対する免疫力の問題となってきます。

体質を変えることは容易ではないので、アルコールを飲む時には、自分に適した摂取量を意識することが肝心です。

皮膚が薄い

人間の皮膚はとても薄く、デリケートなもの。

しかし、肌の厚さには個人差があるため、肌を正常な暑さに保たなければ、どうしても赤ら顔になりやすいんですね。

スキンケアの際にゴシゴシと肌を擦ってしまったり、ピーリングケアを頻繁に行っていると、肌の角質層が削られてしまいます。

そうすると、毛細血管が目立って顔が赤みを帯びたように見えるので注意が必要です。

また、皮膚が薄くなってしまうと肌が本来持っている免疫力が低下してしまい、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

ニキビなどの炎症によっても、赤ら顔になるので、基本的なスキンケア商品を見直すことも肝心ですよ。

肌トラブルが起こりやすい

肌トラブルが起こりやすい方も、赤ら顔になりやすいという特徴があるようです。

肌トラブルの多くは過度な乾燥によって引き起こされるといわれています。

保湿不足だったり、乾燥しがちな季節にスキンケアが十分でないと、皮がむけたりかぶれたり……。

また、ニキビなどの肌トラブルを起こしてしまう危険性もあります。

ただ、逆に、スキンケアのし過ぎによって、皮脂や角質を取り除きすぎても、皮脂を過剰分泌させて、肌トラブルの原因になります。

肌トラブルは、肌の水分と油分のバランスを整えてあげることが、何より肝心。

赤ら顔の解消のためには、やはり、スキンケアが最も重要な要素となるでしょう。

赤ら顔のさまざまなタイプ

顔が赤くなりやすい女性

赤ら顔には、いくつかのタイプがあります。

ここでは、おもな赤ら顔のタイプをご紹介していきますね。

酒さ様皮膚炎

【特徴】

酒さ様皮膚炎とは、アトピー性皮膚炎に似ている赤ら顔の症状の1つです。顔にほてり、赤みが見られることが多く、20~50代の女性がかかりやすい疾患だとされています。症状が進行すると、ニキビのような膿胞ができてしまうこともあります。

また、「酒」という文字が含まれる疾患名ですが、アルコールが原因で起こるものではありません。まるで、お酒を飲んでいるかのように顔が赤くなって見えるというのが、特徴の1つのようです。

【原因】

酒さ様皮膚炎は、なんらかの疾患によって副腎皮質ステロイド剤を長期間にわたって服用することで起こりやすいといわれています。

【治療・対策】

酒さ様皮膚炎は、数カ月に渡る治療が必要だといわれています。自力で治癒するのは難しいため、病院を一度受診することをお勧めします。

一般的に病院では治療を開始する前に皮膚を少し切除して検査を行い、他の疾患と区別をしてからの治療となるようです。

場合によっては治療によって一時的に症状が悪化してしまうこともあるため、入院が必要となることもあります。抗菌薬などの内服とともに、白色ワセリンなどの外用薬を併用して治療を行います。

酒さ様皮膚炎の対策としては、刺激を起こさないということが肝心です。そのため、洗顔時はもちろん紫外線などの外的刺激から肌を守ってあげるということが肝心です。

毛細血管拡張症

【特徴】

皮膚にある真皮層には、毛細血管が密集している状態です。この毛細血管がなんらかの原因で拡張したままになると、血流の量が増えてしまい、血液の流れを滞らせます。

こうなると、血液が肌表面に助けてしまうので、赤ら顔に見えてしまうという特徴があるようです。また、頬や鼻の部位に症状が現れやすいといわれています。

【原因】

毛細血管拡張症の原因は、まだはっきりとは解明されていません。

ただ、一説には、血流などの働きを促進する自律神経である「交感神経」が緊張状態になって、毛細血管拡張症になるともいわれています。

また、気温差が激しい場所を行き来することでも、毛細血管拡張症を引き起こすことがあるようです。

【治療・対策】

毛細血管拡張症は、慢性的な疾患です。

美容皮膚科などで、レーザー治療やフォトフェイシャル治療がされることが多いようです。

レーザー治療とは、血管中のヘモグロビンに反応する光を当てて、毛細血管を縮小させる治療。

フォトフェイシャル治療は、基本的にはレーザー治療と同様、赤みが気になる部分に光を当てていく治療です。

ただ、フォトフェイシャル治療のほうが、レーザー治療よりも波長が弱く、効果は幾分弱いようです。

毛細血管拡張症は、自宅でのケアも、とても重要です。

肌に刺激を与えず、正しいスキンケアを行うこと。

自律神経を整え、規則正しい生活習慣を送ること。

このように、根本的な生活習慣の改善が、毛細血管拡張症の改善には不可欠といえます。

脂漏性皮膚炎

【特徴】

脂漏性皮膚炎とは、湿疹の1つ。

皮脂の分泌が多い頭皮や顔に起こりやすく、摩擦が多い脇の下や太ももにも現れるといわれています。

強いかゆみを伴い、肌荒れを伴う場合があるようです。

放っておくと剥がれた皮脂が酸化して、強い臭いを発してしまう原因にもなってしまいます。

脂漏性皮膚炎は、おもに生後3ヶ月までの乳児や、思春期以降の大人に起こりやすい疾患です。

脂漏性皮膚炎は、乳児がなると、比較的自然治癒しやすいとされていますが、大人の方では慢性化して、なかなか治りにくいようです。

【原因】

脂漏性皮膚炎は、乳児と大人では原因が異なるといわれています。

乳児は毛穴の発達が未熟なので、皮脂が毛穴に詰まって起こるといわれています。

また、母親の胎内にいるときのホルモンの作用で、皮脂が過剰分泌することも、脂漏性皮膚炎の原因の1つだと考えられているようです。

一方、大人の脂漏性皮膚炎は、マラセチアというカビが原因となる場合が多いようです。

このマラセチアは、普段から皮膚にいる常在菌です。

ただ、皮脂が多い環境では、マラセチアが異常繁殖してしまい、その代謝物によって炎症が起こり、脂漏性皮膚炎になるといわれます。

【治療・対策】

乳児の脂漏性皮膚炎は、基本的には、肌を清潔に保つことで、自然治癒することが多いようです。

しかし、大人の脂漏性皮膚炎は慢性化しやすいため、早めの治療が必要です。

治療としては、炎症を抑えるための外用薬や、マラセチアの増殖を抑える抗真菌薬が、一般的に使用されています。

また、セルフケアも重要となります。

皮膚を常に清潔に保つように心がけて、ストレスや過労をためずに、規則正しい生活を送るということが、なによりも大切です。

紫外線や、外部からの刺激にも、気を付けてください。

また、脂漏性皮膚炎は、いったん改善したとしても、再発することが多いため、根気強くケアをしていくことが大切ですよ。

敏感肌

【特徴】

敏感肌はどんな肌質なのか?

実は、はっきりとした定義はありません。

しかし、通常では問題のないような刺激に対しても、肌トラブルを起こすなど、肌が敏感になっている状態を指すのが一般的といわれます。

肌に、化粧水、手、髪などがすこし触れただけでも、反応を起こしてしまい、赤くなったりかゆみを引き起こすこともあるようです。

【原因】

敏感肌は、間違ったスキンケア方法が原因の1つとされています。

クレンジングや洗顔、肌に合わないスキンケア商品の使用によって、肌が敏感に反応してしまい、赤ら顔の原因になるのです。

また、不規則な生活も、大敵なんですよ。

肌の持つ「ターンオーバー」という肌再生の力を低下させてしまい、デリケートな肌状態を作ってしまうようです。

そのほか、アレルギー体質も、敏感肌の原因になるといわれています。

【治療・対策】

敏感肌は、皮膚科などで治療することはできますが、セルフケアが一番の対策方法となるようです。

スキンケア商品を、刺激が少ない敏感肌用タイプに変えるといった、外側からのケア。

そして、栄養バランスのよい食事を摂るという、内側からのケアが重要でしょう。

特に食事面は大切ですよ。

肌のターンオーバーを促すビタミンA、ビタミンC、亜鉛などの栄養素を、積極的に摂取するようにしましょう。

なかなか毎日の食事だけでは摂取しづらいという方は、サプリなどを利用して、栄養面をおぎなうのもよいかもしれませんね。

乾燥肌

【特徴】

乾燥肌は、肌の水分量が不足し、潤いが足りない状態の肌のこと。

通常であれば、肌の角質層が、外的刺激から肌を守る役割を果たします。

でも、乾燥肌の方は、角質層が薄くなり、バリア機能が働かなくなっています。

そのため、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすく、赤ら顔が発生しやすい肌質になってしまいます。

【原因】

もともとお肌が乾燥しやすいタイプだという方は、少なくありません。

そのうえ、洗顔のしすぎなど、間違ったスキンケアによって、乾燥肌になってしまう方もいるようです。

また、加齢によっても、コラーゲンやエラスチンといった、肌の保湿成分が減少し、乾燥肌を引き起こしてしまうことも……。

このように、乾燥肌の原因はさまざまです。

【治療・対策】

敏感肌同様、乾燥肌は、日常生活の中で改善することができるとされています。

正しい洗顔を行い、保湿力のあるスキンケア商品を使用して、日頃から。肌に潤いを持たせるようにしましょう。

また、規則正しい生活、適度な睡眠など、根本的な生活習慣を見直すことも大切です。

ニキビやニキビ跡の赤み

【特徴】

赤ニキビも、赤ら顔の原因のひとつですが、ニキビが治った後のニキビ跡も、赤ら顔の原因になります。

ニキビによる赤ら顔は、顔の中でも、皮脂腺が多い部位でだけ起こりやすいという特徴があるようです。

顔の中では、目の辺りには皮脂腺が少ないため、眼の周囲は赤くならないことが多いでしょう。

しかし、目の周りを囲むようにして、周囲が赤みを帯びてしまうのが、ニキビによる赤ら顔の特徴です。

ニキビが改善したとしても、ニキビ跡が消えるまでは、しばらくその範囲が赤くなってしまうことも……。

繰り返すニキビに悩む方は、ニキビの炎症が引いても、また新しいニキビが発生するため、慢性的な赤ら顔になってしまうことが多いようです。

【原因】

ニキビのおもな原因は、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうこと。

毛穴の詰まりの原因は、皮脂の過剰分泌、ターンオーバーの乱れ、古い角質がたまることなど、さまざまです。

毛穴に詰まった皮脂や汚れは、アクネ菌が繁殖する原因を作ってしまい、その結果、ニキビの炎症を起こしてしまうんですね。

また、ニキビが改善された後でも、毛細血管が拡張したり、損傷することによって、ニキビ跡の炎症を引き起こしてしまいます。

いちど、お肌に、凸凹としたクレーターを作ってしまうと、もとのすべすべ肌に戻すには、かなりの時間がかかります。

まずは、ニキビ自体ができにくい肌に変えていくことが大切でしょう。

【治療・対策】

最近では、ニキビやニキビ跡の治療として、皮膚科などの専門機関で、レーザー治療が取り入れられています。

レーザー治療は、光を照射することで、赤みや色素沈着を軽減させる効果が期待できます。

しかし、レーザー治療ができるかどうかは、ニキビの程度によって、医師の判断に任せることになります。

ニキビやニキビ跡に悩んでいる方は、いちど専門医を受診して、自分の肌の状態をチェックしてもらいましょう。

また、ニキビの根本的な対策としては、ニキビができにくい肌質に変えていく「セルフケア」がとても重要です。

むやみにピーリングを行ったり、肌に合わないニキビケア商品を使って、肌が乾燥すると、赤ら顔をさらに悪化させてしまう原因になります。

つまり、どんなスキンケア商品を使うかも、ニキビ改善の鍵を握るのですね。

「赤ら顔」と「赤面症」のちがい

赤ら顔と赤面症は混同されやすいですが、実はまったく異なるものです。

赤ら顔というのは、皮膚や血管の影響によって、顔が赤く見えるというもの。

一方、赤面症は、ストレスや緊張などによって起こる、対人恐怖症の一種ともいわれています。

精神的な部分の影響によって、瞬間的に顔が赤くなってしまう状態をいいます。

赤ら顔と赤面症の大きな違いとしては、赤面症は、何らかの不安や緊張によって顔が赤くなりますが、赤ら顔は、肌が慢性的に赤みをおびている状態です。

ただ、赤面症では、赤ら顔がコンプレックスとなって、人と話すのが億劫になる「対人恐怖症」のような症状が出てしまうこともあります。

この場合は、赤ら顔と赤面症の症状の共通点はあるといえるでしょう。

顔の赤み。あきらめないでください

何でもないときに、りんごみたいな赤い頬だと、やっぱり恥ずかしくなっちゃいますよね。

赤らんだ肌を気にして、よけいに赤ら顔になってしまったり……。

顔の赤みをファンデーションで隠そうとして、厚塗りになってしまい、化粧崩れが起きてしまったりもします。

それだけでなく、厚塗りしていると、肌の皮脂が増えて、ニキビや肌荒れの原因にもなってしまうんですよ。

顔の赤みは、メイクではなく、やはり、根本的に直したいもの。

そのためには、顔の赤みの根本原因に直接はたらきかける化粧品を利用して、顔の赤みを改善されることをおすすめします。

今は、顔の赤みを消してくれる化粧水もあります。

顔の赤みの原因は、ニキビや乾燥や、毛細血管の拡張だったりしますので、顔の赤み対策の化粧水は、ダイレクトな効果があるんです。

無添加なので、敏感肌やアトピーでも安心して使えるところも、心強いですよね。

顔の赤みでヒリヒリ感やかゆみがある。

冬でも夏でも、赤ら顔なので恥ずかしい。

そんなあなたも、はやめに「顔の赤み対策化粧水」でお手入れを始めれば、必ず結果がついてきますよ。

赤ら顔ケアの「しろ彩」

↓ ↓ ↓

http://b-shiki.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする